« 最強の服選び | Main | ハーモニカ&ケンハモ コンサート / ハレラニ »

January 21, 2017

ビブラートが出来るようになる

本日、ワタクシのハーモニカの師匠
山口牧先生と鍵盤ハーモニカのポール・ナカオ氏の
コンサートがあります。

ハーモニカとケンハモ~2つのフリーリード楽器によるコンサート
(↑ナカオさんのサイトです)

クリエイト浜松1階 16時開演です。
私も聴きに行きます(^^)
牧師匠のハーモニカはもちろんですが、
ナカオさんの鍵盤ハーモニカも楽しみ♪
一般的な鍵盤ハーモニカのイメージは「小学校で習う楽器」程度だと思いますが、
プロの演奏を聴くと認識がガラッと変わります。
本当に。

さて、私はクロマチックハーモニカを始めて十数年が経ちますが
(その割に上手くならない^^;)
最近になって急に上達を実感できることがありました。

その一つが「ビブラートが掛けられるようになった」こと。

ビブラートって、それだけ練習していれば吹けるものの
いざ曲の中で掛けようとすると上手く出来ないものです。

で、結論から言うと
「クラシック曲を練習すると出来るようになる」のです、これが。
もちろんビブラート単体の練習をしていることが前提ですが、
クラシックって伸ばす音が多いじゃないですか?
G線上のアリアとか9拍も伸ばすしw

で、伸ばす音ばっかりだとビブラートでも掛けないと間が持たないのwww

だから自然と掛けられるようになるんですよね。
クラシック曲を練習して実感しました。
要は、「ここでビブラートを掛けたい」という気持ち?意思?が大事なんだと。
自分で思わなきゃダメなのです。

テンポの速い曲ばかり練習していたり
書き譜アドリブのコピーばかり練習していたために、
「ここでビブラート吹きたい、吹いたらカッコいいんじゃね?」
っていう自らの意思が出てこなかったのではないかと
自分は思いました。

もしクロマチックハーモニカを練習していて
ビブラートが上手くならない、という方がいたら
参考になると良いのですが。

あ、鍋を火に掛けている間とかw
ちょいちょいビブラートの練習をすることは必要ですよ。

|

« 最強の服選び | Main | ハーモニカ&ケンハモ コンサート / ハレラニ »

ハーモニカ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48471/64790022

Listed below are links to weblogs that reference ビブラートが出来るようになる:

« 最強の服選び | Main | ハーモニカ&ケンハモ コンサート / ハレラニ »