Posts categorized "書籍・雑誌"

January 08, 2018

身近な法律

またKindleネタですが、
これは幅広くおススメできると思った本がコチラ。

知らぬは恥だが役に立つ法律知識

↑リンクは紙の書籍になっています。
紙の方が一般的だと思うので(^^;

たまたま50%ポイント還元セール中だったので購入してみました。
(現在、終了しています)
半分、仕事の資料として。半分は単純に興味からです。

どっかで聞いたことがあるようなタイトルですがw
中身はいたって真面目な法律の本。

最近旬な法律から法律の基礎知識、身近なトラブルに関する法律まで
一般の人にも分かるようにやさしく解説してくれます。
法律というと「難しそう」「自分には関係ないかも」と思いがちですが
身近な事例などがあって、面白く読めます!!
ホント、この方は読ませるのが上手いと思いました。
難しい言葉を出来るだけ使わず、平易な言葉で書くように意識してらっしゃるのでは?

個人的には「(自転車に関する)道路交通法」のお話とか、
お金に関するトラブルの法律なんかは仕事に関係するので参考になりました。
また相続や労働関係の法律なんかも載っていますので
参考になる方が多いんじゃないでしょうか?

個人的には弁護士(法律事務所)の選び方や報酬の話なんかも面白かったです。
依頼することなんてめったにないだけに
いざ、そういう事態になった際にどこに相談すればいいのやら?
ってなりますから、そのあたりの話は意外に重要ですよね。

ところで、Kindleで購入予定の本はとりあえずブックマークしておくのですが
時々チェックすると値段が下がっていたりすることがあります。
キャンペーンリストにもないのに!!
今日、たまたま見たら800円台だった本が99円になってました。
もちろん即ポチしましたw
Kindleの謎は深まるばかりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2018

Amazon Kindle の歩き方

今朝、あまりにも寒くて
朝練(ロードバイク)を断念しました_| ̄|○
織り姫です。
皆さま、風邪など引いていませんか?

いやもう3℃とか、無理だから(><)
冬は暖かい時間帯にランニングというのが無難だと思いますた。
今日のお昼ごろは、走ったら汗ばむぐらいの気候で丁度良かったです。

さて、そんな寒い冬に欠かせないのは「本」ですよね?奥さん!
最近 Amazon Kindle で電子書籍をポチることが多くなりました。
というのも、わりと頻繁に開催しているキャンペーンが
かなりお買い得になることが多いのです。

まず公式サイト(Kindle本 電子書籍)をチェック。
こちらに一覧が出ていますが(当然ですね)
実はこれ、公式にもかかわらず出ていないキャンペーンがあります。
ちゃんと全部分かりやすく告知しろ!って思いますが、まぁしかたありませんw

そこで、こちらのサイトをチェック

開催中のKindleセール
https://www.antun.net/amarare/ebooksale.shtml?8338927051

非公式ですが、一覧で終了時間が早いものから順に掲載されています。
ただ、表記に不足があったり、既に終わってるキャンペーンが載っていたりするので
公式でも確認することが望ましいです。
(「書籍キャンペーン」しか書いていないのが「discover21(出版社)」の
 キャンペーンで1月18日までだったりとか)

今開催中の本で購入して、個人的におススメだったのがコチラ。

本当に簡単に作れて美味しかったです♪
これは忙しい主婦に超おススメ!!
こんなに使える本が99円なんて恐ろしい世の中になりましたw

完全に趣味ですが、靴下を編みたかったので。
大型本もPCで読むには全然問題ないです。
300円って、これも内容から考えたら安すぎ。
編み方の解説がすごく丁寧です。

こちらも趣味ですが、すごく使える内容でした!
シャツのボタンの正しい(美しい)付け方って知ってますか?
他にも普段の生活の中で必要な裁縫技術が丁寧な写真で解説されていて
一家に一冊という本です。良書。

著者のブログをよく見てるので、200円ならとwポチりました。
評価は分かれますが、私は面白く読ませて頂きました。
私みたいに写真に詳しくない人なら、十分参考になる内容だと思います。
芸術的な写真を撮ろうっていうんじゃなくて、
あくまでも「インスタ、ブログ、ネットショップの写真をキレイに撮りたい」
っていうニーズに合った本です。
美麗でセンスのいい写真が沢山なので、目の保養にも♪

で、Kindle本を読むのに使うのは
自分は家ではPC、出先ではスマホで読んでます。
なので大型本はスマホにはダウンロードしていません。
出先に本を持ち歩かなくてもスマホで読書が出来るのは画期的だと思いますね!
ホント便利!!
キャンペーン以外でも便利さで電子書籍を購入することが多くなりました。
本の置き場所を確保する必要もないですし。

そうは言っても、購入前に図書館にあるか確認はしますけどねwww

服などはセールでも安易に買わないようにしていますが
本だけは別www
ついついポチるので困ったものです(全然困っていないけど)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2018

勇気の心理学

今日も朝にジョギングをして
あとソファーでのんびり本を読んでました。
織り姫です。
皆さま、楽しいお正月を過ごしていますか?

ま、要するにヒマなんですよ、自分。

さて、ここ最近アドラー心理学の本を続けて読んでました。

嫌われる勇気

コチラは超ベストセラーな1冊で、もうみんな知ってるよね?って本。
哲人と青年の対話で話が進んでいく形式で
アドラー心理学というものがどういうものなのか知るのに最適な1冊だと思いました。
以前「超図解・アドラー心理学」みたいな本を読みまして
簡略化しすぎて逆によく分からなかったのですが(^^;
コチラの本は丁寧に順を追って説明してくれますし、会話形式で面白く読めると思います。

ただ、青年の超ネガティブシンキングな話っぷりに
どうにも感情移入できないといいますか、
「ちょっ、すっげーウザいんだけど、この人Σ( ̄ロ ̄lll)」
って感じました。若干苦痛www
「それだから幸せに慣れなんだよ、オマエは!!」と哲人に変わって言ってやりたい。

人生を変える勇気

こちらは岸見一郎先生 単体で書かれている著書です。
人生の具体的な悩み相談にアドラー心理学の視点で回答している本で
真面目に、分かりやすく、具体的に回答されていて好印象でした。

自分にはあまり関係のない相談もありますが、
回答を読むことで、アドラー心理学の考え方がよく分かります。

「嫌われる勇気」をまず先に読んでおいて
その後に岸見先生の著書を読むと、より理解が深まるというか
納得感が大きくなると思いますね。

「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である

最後に、アドラー心理学とは直接関係ありませんが、
個人的にすごく面白かったのでご紹介。

自分の貴重な持ち時間の大半を「大多数の他人」のために使うのはやめて
もっと自分の時間を持とうよ!って本です。
「他人の人生」を生きるのではなく「自分の人生」を生きるという意味で
通じるところがあるかなと思って、あえて一緒にご紹介しました。
率直に言いまして、まずこの本を真っ先に読んでいただきたい!!
って思います。

さて、正月休みも明日までなので
ハーモニカの練習をそろそろ本気でやらないと(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2017

はじめての楽しいヨガ

ここのところ、毎日ヨガをやってます。
走れるときはランの後にヨガ。
これが始めてみると、なかなかハマるのですよ。

90分DVD付き はじめての楽しいヨガ4週間プログラム

レビューなんかを参考に購入した初めての1冊ですが
これ、本当におススメ。
DVDが良く出来ていて、一週間ごとのプログラム再生が出来るので
そのままお家でレッスンを受けている感じ。
本も解説が丁寧で、DVDで分からない所を本で確認したり。
読み物も充実で、ヨガの入り口として最適なのでは?と思います。

ただ、太陽礼拝のポーズが一週間のプログラム再生にすると
フルバージョンでかなりペースが早いので、
最初に太陽礼拝だけはハーフバージョンで練習したほうがいいです。
(ハーフバージョンはゆっくりで説明も丁寧)

毎日お家でDVDを見ながらヨガをやって
時々、浜名湖ガーデンパークのネイチャーヨガで外でのヨガを楽しんだり。
そんな感じでゆるく楽しむのが自分には丁度いいなぁ、と思ってます(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2017

昭和のシンプル食生活

最近、料理レシピ+エッセイみたいな本を読むのが好きです。
雑誌もファッション雑誌に目もくれず
料理レシピの載ってる主婦雑誌を買ってみたり。

先日、FMラジオ番組「クロノス」で紹介されていた
永山久夫さんの本を読んでみました。

ひと月1万円! 体にやさしい 昭和のシンプル食生活

掴みを意識したタイトルになっていますが
節約云々というより、
「健康に良い和食、和の食材を見直そうぜ!イェァ!!」っていうメッセージを感じました。
(↑ヒューズ中佐@鋼の錬金術師 風でお願いします)
なにより、85歳でなお執筆、講演、ラジオ出演をこなし
90歳に再度漫画家デビューを目論む
(永山さんは本業は漫画家です、たぶん)
元気の秘訣は「食」にあるのですね。うん、やっぱり食べることって大事。

紹介されているレシピは分量とかだいぶ大雑把ですがw
作りやすいものが多いので参考になります。
高野豆腐と小松菜の炒め物とか、
普段高野豆腐なんか食べない人も多いかもしれませんが
そういう人には特に参考になりそう。

永山さんの売れない漫画家時代のお話もなんだかホロリとさせられたり。
食のエッセイとしても面白い本です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2017

シークレット・レース

親指を使わない生活って結構難しいですよ。
織り姫です。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

腱鞘炎で親指をあまり使わないように注意されたのですが
日常の動作で親指を使わないことの方が少ないぐらいですわ。
早く治ってくれないと困るよ、ホント。

さて、最近読んで面白かった本がコチラ。

シークレット・レース  ツール・ド・フランスの知られざる内幕

これはロードレースが好きな方はもちろん、
あまり詳しくない人にも面白く読めると思います。
ノンフィクションの自伝書として傑作です。

書いているのは作家のダニエル・コイルですが
タイラー・ハミルトンが語る形式で書かれていて
単なる事実の羅列ではなく、心理描写などが秀逸。
読み手をグイグイ引き込む感じです。

自分はこの本を読んで、ドーピングがいかに組織ぐるみで
システマティックに行われていたか、
そして、超過酷なトレーニングに耐えた上で
初めてドーピングに意味があるということを知りました。
怠けるために、楽して結果を出すためにあるものではないのです。
ロードレースというものが
「人間の限界を超えたさらにその先」での戦いになっているということが
この本でよく分かりました。

そして、そんなドーピングをしなければ勝てない戦いの中
不正に手を染めることへの選手の葛藤など
考えさせられる内容でしたね。
ロードレースという特殊な世界だけの話ではないような気もします。

クリーンではなかったけれど、最後に真実を語る勇気を持てた
タイラーはやっぱり並みの人ではなかったのだと思いますね。

こういう翻訳ものは訳がダメダメなことも多々ありますが
この本は日本語訳も大変良く出来ていて、読みやすいです。
かなり読みごたえがあって、
久々に良書を読んだ!という気分になれました(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2017

最強の服選び

私が男性スタイリストで一番好きな方が
大山旬さんです。

で、その大山さんの近著がこちら。

おしゃれが苦手でもセンスよく見せる 最強の「服選び」

これはもう、世の中の男性(特に40代以上)すべてに読んでいただきたい!
この本に従って必要最低限のアイテムを揃えれば
80点のオシャレが手に入る、という本です。
そう、100点満点のおしゃれさんではないのがミソです。

休日カジュアルからビジネススーツまで
ファッションの基本を解く本でして、
全般的にシックな大人寄りのコーディネートになっています。
まずは必要最低限の基本アイテムを揃えて
上手く着まわす、という感じ。
服のことを考えるのが苦手、面倒という方にこそ向いている本ですね。
かなり具体的にアイテムを挙げていて(ブランド名なども)
カラー写真でコーディネート例も載せています。

このジャンルで一番人気なのはMBさんだと思いますが、
MBさんは若者寄り?カジュアル寄り?な感じがして
シックで大人なスタイリングを得意とする大山さんの方が
個人的には好みです。

ただ一点、自分と意見が合わないのは
ネイビー推しで黒コーデに否定的なところ。

自分は黒&白のコーデも全然カッコイイと思うのですが。
ちなみに、MBさんは黒のテーパードパンツとか推していますね。
その点ではMBさんに意見が近いです。

まぁ、兎にも角にも
服に興味が無い男性諸氏に
ぜひ、本屋さんで手に取ってみて欲しいです(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2017

最後の秘境

ここ2週間ぐらいハーモニカも吹かずに
読書をしております。
織り姫です。
皆さま、何かハマっているものなどありますか?

たぶん、自分は楽器奏者としてダメダメな感じです。とほほ。

そんな中で、軽めの1冊をご紹介。

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常

著者(作家)の奥様が東京藝大(美校)の学生さんで、
その大学での様子が余りにもオカシイみたいなので
東京藝大に潜入、レポを書いてしまった、という本。

やっぱり芸術を志す人たちは「濃い」人たちなんだなー、と。
そしてプロの芸術家というのはなるべくしてなる、というか
「それしかできない」「自然と無意識にやってる」
人たちなんだということがよく分かりました。
普段、身の回りにはそういう人はいないので
(特に会計事務所なんていう堅い?職場なので)
へー、とか思いながら興味深く読めました。

ただ、残念なのは
著者は作家さんとのことですが、文章がイマイチだったり。
読ませる文章じゃないんですね、これが。
薄っぺらいと言いますか、なんか書き方が表面的で
「ふーん」で終わる感じ。
題材が面白いだけに、もうちょっと文章力のある方に書いてほしい気もします。

なので、芸術家を志す人々の生態に興味がある方は
読んでみてはいかがでしょうか?という程度です。
積極的におススメはしません(^^;

============

今日の徒然話。

事務所の大将から東京出張土産を頂きました(≧∇≦)

Sp_20170117_180335

N.Y.キャラメルサンド

自分はこういうのに疎いので全然知りませんでしたが
凄い人気で行列に並ばないと買えないらしいですね?

これを行列に並んで、十数個を新幹線で持ち帰ってきた
事務所の大将が凄いと、素直に感心しました

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2016

「がんばれ!」でがんばれない人のために

最近読んで、個人的にヒットだった名言集がコチラ。

「がんばれ! 」でがんばれない人のための“意外"な名言集

なんていうか、一般受けする
「がんばれば夢は叶う!」みたいな
「明けない夜はないさ!」的な
無責任に励ますような言葉ではなく
ちょっとひねった?でも納得の名言ばかりです。

自分が以前から好きな名言も載っていました。
「誰の友にもなろうとする人間は、誰の友でもない」
っていうの。
これ有名だと思っていましたが、マイナーでしたか?
これ、いい言葉だなぁー、まさにそうだよ!!って、
以前から思っていたのですが
私の性格がナナメなだけですか?そうですか。

自分は「うんうん、そうだよなぁ」ってうなずく言葉が満載でした。
一風変わった、でもちょっと心が軽くなる名言集です。
おススメ(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2016

「殺人出産」と「スティグマータ」

最近読んだ本の話。

殺人出産 @村田沙耶香

「コンビニ人間」で芥川賞を受賞した村田沙耶香氏の小説です。
まぁ、一言でいうと「読了感の悪い、後味の悪い作品」でした。
好みの問題だと思いますが、
あまり楽しい気分にはなれない本です。
グロテスクな話が好きな方にはいいかもです。
自分はどの登場人物にも、共感も好感も持つことが出来ませんでした。
なんで読んじゃったかな?みたいな気分。
辛口で申し訳ないのですが。

ブラックはブラックでも、
星新一みたいなカラッとしたユーモアのあるブラックなら大好物ですが、
これは無理。

================

もう一冊はこちら。

スティグマータ @近藤史恵

「サクリファイス」シリーズの最新刊。
面白くないはずがないジャマイカ!

近藤氏はミステリー作家だけあって、
心理描写とか物語の進め方が上手いなぁー、といつも思います。

個人的にはサイクルロードレースをあまり知らない方にこそ読んでいただきたいですね。
最近では「弱虫ペダル」とか人気ですが
あれは大分間違っているんで。

根性や友情や精神論だけでは勝てない!
戦略が物を言う頭脳戦の団体競技ですから!!

そのあたりが近藤氏の小説はよく書けていると思いますね。
ロードレースのファンでなくても、純粋に物語を楽しめます(^^)
ぜひぜひお手に取ってみてください。
損はしないハズ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧